Gaw Capital Partners

Gaw Capital Partnersは、アジア太平洋及び参入障壁の高いその他の市場に注力し、グローバルに独自のポジションを築いている不動産ファンド運用会社です。当社の投資は、不動産の再設計とリポジショニングを通し、未だ十分に活用されていない不動産に戦略的な付加価値を与えることに特化しており、住宅、オフィス、商業、ホスピタリティー、物流、及びデータセンタープロジェクトを含む、不動産セクター全領域を網羅しています。

2005年の設立以来、Gaw Capital Partnersはアジア太平洋地域を投資ターゲットとする7つのコミングルファンドを立ち上げてきました。米国バリューアッド/オポチュニスティックファンド、アジア太平洋ホスピタリティーファンド、ヨーロッパホスピタリティーファンド、グロース株式ファンドの運用も行い、またクレジット投資及びセパレートアカウント投資サービスをグローバルに提供しています。

現在までにGaw Capital Partnersは219億USドルの出資を募ってきており、2022年第2四半期時点で343億USドルの資産運用を行っています。